sengyoshufu

「仁義と愛に溢れているスーパー主夫を皆さんが求めているのでは」(番組プロデューサー)
今回もおおまかな年齢ごとに、どんな悩みがよく聞かれるのか、またその対策について紹介していきます。
「なんで専業主婦の話をわたしが書くんですか?」
なぜ、できる女性はワンオペ夫を選びがちなのか。
「仕事、結婚、子ども、女性はすべて手に入れられる。ただし…」
ワーク・ライフ・バランスを勘違いしていませんか?
ひとりで家事・育児の大半をこなさざるをえない「ワンオペ育児」。今まさにその状況で苦しんでいる人たちが一番知りたいのは、「どうすれば解消できるのか?」という解決策だ。
みんながそれぞれに種類の違うつらさを抱えている、それが子育て世帯の実情です。
7割でマジョリティと言えますが、ほぼ9割が「モヤモヤ」している、しかもその半数以上が頻繁にモヤモヤを感じています。
「女性は子どもが生まれたら育児に専念する方が少子化は止まる」という母業専念議論は、少子化を研究する研究者にとって「それはない」議論である。