senso

ウクライナ侵攻に関して「戦争はどちらも悪い」とする主張の問題点を国際政治学者が指摘。2万件を超える「いいね」が付いています。
上白石萌音さんは自身が初代ヒロインを務めた朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の作中で50回目の終戦の日を迎えたことを受け、写真を投稿しました。
ウクライナが侵攻されてすぐ、ゼレンスキー大統領は総動員令に署名し、18〜60歳までの男性の出国が禁止された。「ウクライナのために戦う」以外の選択肢が認められない成人男性たち。そして「戦えない人」は、いったいどういう扱いを受けるのだろう━━。
ロシアのウクライナ侵攻を受け、近江屋洋菓子店は「食という切り口から文化を知ることが、平和な社会につながっていけば」と思いを語ります。
ロシアによるウクライナへの侵攻が始まって1週間が経った。停戦交渉も両国の合意に至らず難航する中、女性たちが銃を手に取る姿が見られている。
作品のタイトルになっている向日葵はウクライナの国花だ。ロシアによる侵攻が続く今、ひまわりを捧げて抗議する人の姿が世界各地で見られている。
世界を驚かせたロシアによるウクライナ侵攻。多くの人と同じく、私もただただ驚愕した一人だ。ひとつだけ言えるのは、今、突然日常を奪われ、命を奪われる悲劇が起きているということだ。そして戦争は、もっとも弱い人を犠牲にする。
ミラ・ジョヴォヴィッチさんはウクライナ生まれで、ロシアにもルーツがある。「恐ろしい光景を見て、私(の心)は2つに引き裂かれています」とコメントした。
在日ウクライナ大使館の公式Twitterは「戦争が始まりました。国際社会にサポートを願います」と投稿した。
9.11の首謀者の1人として拘束された、ある男性の手記をもとにした映画『モーリタニアン 黒塗りの記録』。アメリカ政府の検閲によって多くの部分が黒塗りにされたその手記の著者であり、映画のモデルとなったモハメドゥ・ウルド・スラヒ氏に話を聞くことができた。