senso

79年前のきょう、硫黄島の戦いが始まった。戦前の文化や暮らしは戻らず
太平洋戦争末期の凄惨な地上戦、米軍による核配備、返還後の自衛隊基地化...。そうした「歴史」の前に、何げない日常の暮らしが、硫黄島にはありました。島民たちの声を聞く、貴重な機会です
ハマスがイスラエルヘリを撃墜したという動画が拡散していますが、誤りです。実際はゲームの映像でした。【ファクトチェック】
ハマスがイスラエルにパラシュートで降下しているという動画がSNSで拡散していますが、誤りです。【ファクトチェック】
世界の終戦の日は、8月15日ではない。各国や地域の例を紹介します。
映画に登場するバービーと原爆を組み合わせた画像がSNSで拡散。日本の公式アカウントは「極めて遺憾」として、「アメリカに然るべき対応を求めています」とする声明を発表した。
「18歳の回天特攻隊員の遺書」というツイートが広く拡散しています。しかし、この遺書とされる文書は第三者の創作である可能性が高いことがわかりました。
連合赤軍事件から、半世紀。過剰な自己責任論や「社会のせいにするな」という圧力、またその果てに生まれた冷笑的な空気の背景には、革命を目指した果ての若者たちのあまりにも悲惨な末路があったのだ。
大きな戦争が起きている今だからこそ知っておきたい、世界の地雷や不発弾をめぐる状況とは。国連地雷対策サービス部(UNMAS)のアイリーン・コーン部長に話を聞きました。
ウクライナ国防省は写真を添えたツイートで、「これが、ジュネーブ条約を“順守する”ロシアの実態です」などとロシア側を批判した。