shi

25年間再会せずに終わってしまった友人だが、だからといって、われわれが友人でなくなった訳じゃ全然ない。
病院幹部によると、苦情の電話が一晩に50件ほどにのぼった日もあったという。
「今」という命がけのこの時間を大切に過ごしませんか?
イスラム教では、死は、単なる体の機能の停止に留まる考えではありません。なぜなら...
「1年と13日前、私は夫のデイブを失いました。彼の死は突然で、予想外でした」
死ぬ時、そして生まれ変わる時、私たちは一体どんな気持ちになるのでしょうか。
私たちは、いつか必ず死にます。そう分かっていても、体も心も元気なときは生きるのに精一杯で、「死」と向き合うことは難しいものです。
大事な家族との死は、いつか必ず訪れる。そうしたとき、学校や会社は忌引きで休むのが普通だが、犬や猫などのペットを家族同然として飼っている人は、もしも愛するペットが亡くなってしまったらどうするのだろう。
このシーンは、私たちに「死」とは何かを考えさせてくれる。
昨夜、娘と話し続けながら、いつ人生が終わるかは誰にも分からない、と娘に言い聞かせました。