shikoku

雨が降り出すまでは暑さに、降り出してからは雨に注意をしてください。
どうしてこうなった… 人気展示「0系新幹線」のパネルをリニューアルしたら大変なことに
無数のヒメボタルたちで、瞬く間に、国道は、埋め尽くされた。
7日(水)、四国、中国、近畿、東海、関東甲信地方で一斉に梅雨入りが発表されました。
四国のクマを守り、その生息地を整備してゆく上で、国有林が貢献できる可能性は大きいと言えるでしょう。
「四国の人は、やさしい"おせったいの心"があるのに、なぜ自然には冷酷なのか」――その一通の投書が人を動かした。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
国内で最も絶滅が心配されている四国のツキノワグマ。その生息数は少なければ十数頭、多くても数十頭と推定されています。
2015年5月29日、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」が施行されました。
「地元」とは今住んでいる場所なのか、出身地なのか、育った場所なのか。愛知出身で大学進学を契機に四国にやってきた三浦大樹さんは、香川でNPO活動に携わっている。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
四国の剣山山系で実施しているツキノワグマ調査によって、2013年冬期に生まれた仔グマが親離れをし、1歳まで無事に成長をしている事実を確認しました。
四国の高知県では、台風19号が通過した13日午後、美しい二重の虹がかかったという。Twitterには、当時の虹の写真が多数投稿された。
台風12号の影響による荒天は3日も続き、四国を中心に猛烈な雨が降った。総務省消防庁や各警察のまとめによると、徳島県美馬市の吉野川で男性が流されて行方不明に。高知県では外の様子を見に行った80代の女性が転んで軽いけがをした。
6月23日放送のクローズアップ現代(NHK)のテーマは、「四国遍路1400キロ 増える若者たち」というものだった。年間十万人以上とも言われる四国遍路人口だが、ここ十年の間に、歩き遍路(八十八の札所をすべて徒歩で回ること)を選択する若者が、ぐんと増えているのだそうだ。
実は日本でも、気軽にキラッキラの海、潜れるんですよ。しかも聞けば・・・国内ダイビングは最強の婚活だって言うではありませんか!
これまで土・日・祝日のみの販売だった「さぬきうどんバーガー」が、平日にも販売されることになった。