shimadashinsuke

「僕と一緒にやってほしいですよ。YouTubeじゃなくても一緒にやりたいですよ」
山田親太朗さんも出演。紳助さんから2人へのダメ出しが炸裂した。
レンタカー会社「超スペシャルなお方、お乗り頂きました」
元タレントの島田紳助さんの現在の様子について、芸能リポーターの井上公造氏が3日、読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演して明かした
約22年間司会を務めてきた「開運!なんでも鑑定団」を石坂浩二が降板することについて、2011年までダブル司会を務めていた島田紳助が口を開いた。
2011年8月に暴力団関係者との交友を理由に芸能界を引退した島田紳助さん(58)が8月26日、大阪市内であった歌手RYOEI(33)のライブに特別ゲストとして登場、約3年ぶりに公の場に現れた。
お笑い業界には、レジェンドと呼ばれる大物たちがいる。BIG3と呼ばれるビートたけし、タモリ、明石家さんま。その下の世代では、とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらがそれに該当するだろう。次世代のBIG3が誰なのか僕にはわからないが、その最右翼に現在、有吉弘行がいることは間違いないだろう。なぜ彼はここまでの支持を獲得したのだろうか。
幸せな人生をおくるために「笑い」は非常に重要なファクターであり、特に皆がクソ真面目になりがちなビジネスの現場では、強力な武器になる。ボクの経験上、カリスマと言われるようなビジネスリーダーやクリエイターは、笑いのセンスも抜群な人が多く、何度も腹を抱えて笑わせてもらった。