shinchosha

長編小説5作品はそれぞれの「合本版」も12月18日より配信。文庫で2~6冊にもなる長編を、コンパクトに携帯できるのは電子書籍ならでは。
【新型肺炎】世界各地に拡散し猛威を振るう「新型コロナウイルス」は、なぜここまで拡大したのか。「移動」と「ソフト面の整備」の側面から考えてみた。
『帯をギュッとね!』の世界を通して描かれる部活動の「あるべき姿」。『帯ギュ』がたどり着いた理想から見えるスポーツを楽しむ姿勢とは。
新潮社はツイッターで、「今回皆様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後の宣伝活動に活かして参ります」としている。
新潮社...と感心するのは、やはり執筆陣。秋元康、中島みゆき、氷室冴子、赤川次郎、ピート・ハミル、椎名誠、野田秀樹...などなど。中島みゆきの小説には、ちょっと驚いた。
「5年前にツーリング先の北海道で、外国のステッカーがたくさん貼られたバイクに目が留まりました。持ち主と話してみたら、19歳の頃から世界を旅していると言う。それが彼だったわけです」
「新潮45」を批判するのが目的か。「批評性の高いアート作品」と解釈する声も
「新潮社の対処いかんによっては、刊行を取りやめるつもりでいます」