shinkokoku

日本のデジタル化の遅れを打開するヒントは「新興国」。そこでは、試行錯誤を経ながらも、コロナ禍に立ち向かうデジタル技術が実装されているという。
経済活動の再開に踏み切る国も増え始めているが、新興・途上国で感染が広がり続ければ世界的な収束は見通せない。
ガイアの夜明け「金融維新 さらば銀行!?」出演で注目、銀行を辞めた男のその後
Presented by Crowdcredit
世界銀行は、1月12日に発表した報告書の中で、2017年の世界経済の成長は2.7%と緩やかに加速するだろうとの予測を表明した。
アジア各国の国際競争力では、シンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)が、世界の上位10位以内に入っています。
今、日進月歩で変化を遂げつつあるミャンマー。これからの5年で変わりそうな、ミャンマーの事情を4つご紹介します。
「自分には無理」だと思っていた海外ボランティアに一歩踏み出す。すると、思っていたほどの壁はなく、その先には思いもよらない道が拓けていくかもしれない。
PRESENTED BY JICA
中国発の株安連鎖はとてつもない震度で、全世界を襲っている。株式、商品、為替の市場で起きていることは、信じられないボラティリティー(変動率)の高まりだ。
暮らしの中で、もはや当たり前の存在になっている電子レンジ。日本で1961年に業務用が、そして1962年に家庭用の電子レンジが発売されると、急速に一般家庭に広がりました。
世界銀行グループのジム・ヨン・キム総裁は、2030年までに極度の貧困を撲滅するための戦略を発表すると共に、アジア・インフラ投資銀行や、BRICS諸国が設立するBRICS開発銀行といった新たな機関にも言及し、貧困国や新興国の経済開発における強力なパートナーとなり得るとして歓迎しました。