shohishacho

赤ちゃんをベビーバスで沐浴させている時、絶対にしてはいけないこととは。死亡事故も発生しており、消費者庁が注意を呼びかけています。
子どもがスマホの充電器を触ってけがを負う事故が発生しています。実際の事故事例や注意ポイントは?
節分の豆は5歳以下の子どもに食べさせてはいけません。このほか、ノリやリンゴなど、窒息につながりやすい食品もいくつか紹介します。
消費者庁によると、2018年から2022年までの5年間に食べ物による窒息や誤嚥で5歳未満の43人が命を落としています。
能登半島地震の被災地で、高額なブルーシートを販売する事案が発生しています。災害の悪質商法一覧、8日以内に対処しなければならない理由とは。
ストリートブランド「Stussy(ステューシー)」の偽サイトがGoogle上に。クリスマスの時期、偽サイトには要注意です。
「抱っこひも」の事故が発生しています。事故の事例と気をつけたい4ポイントをまとめました。
「糖質カット」をうたった炊飯器について、消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)で販売会社4社に再発防止などを求める措置命令を出しました。
子どもが医薬品を誤飲し、入院するなどの事故が発生しています。「大人用の薬には子どもの命に関わるものもある」と消費者庁が注意喚起しています。
ひつぎ内のドライアイスによる二酸化炭素中毒の疑いで死亡した事故が全国で3件起きており、消費者庁が注意を呼びかけています。