shohishacho

能登半島地震の被災地で、高額なブルーシートを販売する事案が発生しています。災害の悪質商法一覧、8日以内に対処しなければならない理由とは。
ストリートブランド「Stussy(ステューシー)」の偽サイトがGoogle上に。クリスマスの時期、偽サイトには要注意です。
「抱っこひも」の事故が発生しています。事故の事例と気をつけたい4ポイントをまとめました。
「糖質カット」をうたった炊飯器について、消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)で販売会社4社に再発防止などを求める措置命令を出しました。
子どもが医薬品を誤飲し、入院するなどの事故が発生しています。「大人用の薬には子どもの命に関わるものもある」と消費者庁が注意喚起しています。
ひつぎ内のドライアイスによる二酸化炭素中毒の疑いで死亡した事故が全国で3件起きており、消費者庁が注意を呼びかけています。
「永遠にリバウンドしない」や「脂肪を溶かすには別料金が必要」と言われ、原材料不明の商品を購入させられたという相談が相次いでいます。消費者庁が事業者名を公表した上、注意を呼びかけました。
山口県で幼児がマンションから転落死する事故がありました。事故は各地で起きており、都内では5年間で70人が搬送されたというデータも。ある実験動画では、子どもが簡単に110センチの高さを乗り越える様子も。
ベッドに取り付ける落下防止策(ベッドガード)とマットレスの間に顔が挟まり、赤ちゃんが亡くなる事故がありました。消費者庁が重大事故と認定し、注意喚起しています。
消費者庁・国民生活センターには、豆などによる窒息や誤嚥(ごえん)の事故情報が医療機関から寄せられています。