shohishacho

先日、消費者庁が、ビール風味のノンアルコール飲料について特定保健用食品(トクホ)の表示を許可した。
消費者庁は、悪徳商法や契約トラブルなどの消費者被害相談を受け付けている「消費者ホットライン」の電話番号を、「110番」や「119番」のように覚えやすい3桁の番号にすることを決めた。早ければ2016年度中に、新しい番号での運用を開始したいとしている。
消費者庁は3月28日、ホテルや百貨店などの料理メニューで相次いだ食材偽装を受けて表示のガイドラインを作り、公表した。どんな表示が問題になるかを一問一答形式で示している。
レーシックに関する被害情報は、2009年度以降、5年間で80件寄せられている。その内、重大な事故として公表されたものは7件だという。
携帯電話用ソーラー充電器について、実際には充電完了まで約37時間かかるのに「最速10時間」と表示したなどとして、消費者庁は15日、サンワサプライなど5社に措置命令を出した。