sogihara

全国に約400万人いる地方公務員と教職員。こうした人たちがハラスメント被害に遭っても十分守られないかもしれません。背景には、ある誤解があります。
『部長、「ウチにLGBTはいないから」は通用しません!』。ビジネス層の新たな必読書が発売されました。
日本ではこれまでLGBTに関する差別やハラスメントを禁止する法律がなかったが、今回の施行により、初めて性的指向や性自認(SOGI)に関する企業の対応が法律上の“義務”となった。
保険代理店の20代男性が、性的指向を上司から同僚に暴露(アウティング)されて精神疾患になったとして、労災申請する。国の指針でも、アウティングはパワハラの一形態とされる。
LGBTという「言葉」の認知は高まりつつあるものの、当事者を身近に感じている人は多くない現状。いまだ差別や偏見の残る職場で、ハラスメントの起きない環境を整備することは今後、“最低限”必要な施策だ。
超党派でLGBTの課題について考える「LGBT議員連盟」の総会が18日、参議院議員会館で開催された。
EU圏内の規則において「性的指向」は要配慮個人情報のカテゴリに入っており、情報を取得する際には、本人の同意が原則となっている。
「SOGIハラ」「アウティング」は法律違反に、どのような言動がこれに当たるのか。
性的マイノリティが受ける差別をなくすために、自治体や企業の取り組みが紹介されました。
LGBTと呼ばれる人の中には、「彼女(彼氏)いるの?」の一言によって"嘘を積み重ねる"きっかけになってしまうことがあります。
逢沢一郎国会議員「LGBTについて多くの人に正しく理解をしていただき、共感をしていただく必要があると思います」