soshiki

最低24日間の年次有給休暇をすべて消化しながらも、会社や社会が回るドイツ。日本とはいったい何が違うのか。日本でも取り入れられそうな、具体策はあるのか。
ジメジメとして暑い日が続いていますね。こんなときは心が暑がっていますから、京都の伝統ある扇子でも使って、涼しい風で心も体も冷やしたいものです。
低価格、独自のユーザー・インターフェイス(UI)、Amazonのサービスとの連携のし易さ等が訴求されており、まだユーザーやアプリ開発者にどの程度支持されるかはわからない部分もあるが、既存の陣営にとっては強力なライバル出現となるのは間違いない。
塩村あやか議員が都議会中に子育て支援に関する質問中に、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」「子供もいないのに」などというセクハラヤジが飛んだ模様。本人のコメントによると、「産めないのか?」などというヤジもあったとされています。
会社のなかで、組織のなかで働く。そこで自分のフィールドを広げていって、会社に社会に貢献していく過程で、それぞれの個人に降りかかってくる試練・困難というものは、大昔から変わらないものも多い。
ALSはとても悲惨な病気だ。もしかしたら、1番過酷な病気かもしれない。今まで何百人ものホスピスの患者さんを見てきて、私はそう思う。
「変えよう」「変わろう」のほかに、私としては「変わってもいいんだよ」の空気づくりが大切だと考えています。組織外からの応援の声だっり眼差しですね。
組織にはバカげたことがあります。ムダもあります。でも、組織でないとわからないことがあります。それをつかんでください。
将来を切り開く情熱を失ってしまった会社は必ず、知らず知らずのうちになんらかの病に侵されていきます。それが確実に組織の隅々に浸透し、あたらしい芽を摘み取るメカニズムが働き始めます
大学を卒業したばかりの頃だ。当時の上司から「学生気分が抜けていない」と叱られた。「この会社でやりたいことを見つけて、そこに熱意を注ぎなさい」と言われた。至極もっともな意見だ。たしかに私は、仕事に対してやる気のない、ふぬけた会社員だった。