sutereotaipu

従業員が、性別、人種、性的指向、さらには服や音楽の趣味といった付随的な属性に関係なく、十分に満足していられる文化を作るにはどうすればいいだろうか。
ジャーナリストの治部れんげさんが講師をつとめ「内部でおかしいと思っている人はいるのに、その方たちの知見が生かされていない」などと指摘した
「性別は選べないのに、なぜ後天的な人の考えを尊重できないのか」「ステレオタイプを助長している」(ネットユーザーのコメント)
ロシア人である私は、あらゆるステレオタイプに直面してきました。
みなさんは「ハーフ」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか?
「女の子らしくしなさい」「男は強くなければ」それは、社会がつくった考え方かもしれません。
4/15より公開されるドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」は、2つの点で興味深い映画だ。
ダサピンク現象とは、主に男性管理職が「女向けだからピンクでしょ」という考えで製品の色を決定した結果、女性消費者から「これじゃない」と思われがち、というケースを「象徴とした」現象。