takeshima

今回の発端は、釜山の少女像問題と同様、一地方での動きだった。
麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、日本政府が協議の中断を表明した日韓通貨スワップに関し「信頼関係を作った上でやらないとなかなか安定しない」との認識を示した。
日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の8月15日、朴槿恵大統領は毎年恒例の記念式典で演説した。
自らの信ずるところをそのまま毅然と発信することのみを持ってよしとするのは、外交の危機を悪化させる結果を招くのみである。
かつてなく冷え込んでいる日韓関係。慰安婦・竹島領有権問題などの課題が、両国の間に大きな溝を生み出している。この現実に、どのように向き合っていけばよいのだろうか。
政府は夏までに、沖縄県の尖閣諸島や島根県の竹島が、戦前から日本の施政権が及んでいたことを示す資料をデータベース化し、インターネットで公開する。
島根県の竹島に生息していたニホンアシカの絶滅をめぐって、日本と韓国のどっちの責任なのかをめぐって日韓で意見が対立している。
政府と与党は韓国との関係改善のために、日本国内で激化する一方のナショナリズムや排外主義を抑制して、「従軍慰安婦」問題やヘイトスピーチ問題などの諸懸案に早急かつ全力で取り組むべきであろう。
結果責任が問われる政治の世界では、理由はともあれ、この二人が「国家」主義を優先させ、日韓関係をこじらせた責任は免れない。
韓国軍は11月24日、島根県・竹島(韓国名・独島)の周辺の海上で、「外部勢力」による奇襲上陸を阻止する防衛訓練を実施した。