teiosekkai

実際に帝王切開を経験した人たちは、この写真をどう感じたのでしょうか。SNSには様々な反応が投稿されています
女性がさまざまな形で子どもを新しく家族の一員として迎える素晴らしい瞬間。
品川区立小学校の男性教諭が「自然分娩で子どもを産んだ方が愛着を抱きやすい」と発言していました。
私の初めての妊娠検査は1日で終わらず、エコー検査や血液検査など、様々な検査を1日ずつ分けて行い、病院に4日通ってやっと結果をもらったというとんでもない非効率さ。
今年の9月6日、私は第一子を授かり、翌日、妻を亡くした。
「それは、想像していた出産風景と全く違うものでした」
私たちみんなが通ってきた道。
私は出産シーンを撮る専門の写真家として、家族生活にとって重要な出来事を撮影するように依頼されます。
出産写真を撮影するプロカメラマンたちの組合「IAPBP」は3月3日、年間最優秀写真を発表した。
「自分は苦労して子供を産んだのに」という思いが強い義理の母親にして見れば、「帝王切開で楽に子供を産んだ」としか思えない嫁に対し、いろいろ言いたくなるのもわかる様な気がします。ただ、そんなのは、義理の母親の勝手な都合でしかないのも間違いありません。