teiso

都立産院で別の新生児と取り違えられた原告の男性。生んだ子をひと目みたいという母の願いを「一日も早く叶えてあげたい」と訴える。
弁護団は「ビデオを見れば、入管がウィシュマさんを見殺しにしたということが誰の目にも明らかになります」と訴えている。
3歳の長女は過呼吸などに苦しみ、PTSDの疑いとの診断を受けている。女性側は、警察官がトラブルの相手に女性の住所などを許可なく提供したとも訴えている。
弁護団は、女性の3歳の長女が、女性と引き離され個室で複数の警察官から聴取を受けたとも主張。警察官の一連の対応は違法だと訴えている。
元東大准教授の大澤昇平さんに対しても、伊藤さんを「偽名」だと虚偽の内容で中傷する投稿を行ったなどとして同日提訴。杉田議員は過去のインタビューで「伊藤さんを貶めるつもりはなかった」と語っていた。
ひきこもりや家庭内暴力の「支援」を掲げる団体のトラブルが後を絶たない。力づくで自宅から連れ出され、施設に監禁されたなどして、元入所者やその家族による提訴が相次ぐ。
損害賠償請求について、弁護士は「問い合わせは多数あるが、実際には正面に立って言い出せない、戦えない方ばかり」と明かしました。
原告の女性「女性として生まれてくるすべての人間に最初から枷がはめられているとか、男性よりも夢が追いにくいとかそういったことのないようにしたい」
同性婚訴訟の原告カップルたちが、提訴を終えこれから始まる裁判への思いを語りました。
政府・与党の後ろ向きな姿勢に、当事者たちはついに意を決した
女性の両親と元同僚らが会社と社長を訴えた訴訟の第1回口頭弁論が1月11日、東京地裁である
パワハラがあったとする主張について、社長は「事実と異なる」と否定している