tohokushinsha

事実と異なる申請を行って衛星放送事業の認定を受けていたという。
「国会やメディアでも連日大きく取り上げられる事態となり、弊社に対する信頼を大きく毀損する事となりましたことは、慚愧の念に堪えません」(引責辞任する二宮清隆社長)
内閣の広報官という立場で、菅内閣の記者会見で質問を希望する記者の指名にも関わることから、「広報官としてふさわしくないのではないか」という意見も出ている。