tokofujioa

「フィルムが現存しているとは夢にも思わなかった」「戦後アニメ史における歴史的発見」などと大きな反響を呼んでいます
『忍者ハットリくん』『怪物くん』などの作者・藤子不二雄Aさん死去。『ストップ!!ひばりくん!』や『GS美神 極楽大作戦!!』 の作者らが、追悼のメッセージを送っています。
88歳で亡くなった藤子不二雄Aさん。戦争を知る世代の一人として、10代の頃の戦争体験を証言していました。
中川翔子さんは、ピースサインをみせる藤子不二雄Aさんの写真も投稿し、故人をしのびました。
小学校の同級生だった藤本弘さんと漫画家ユニット「藤子不二雄」を組んで数々の名作を生みました。
「ドーン!」という呪文や、特徴のある高笑いが注目された。
建て替えのため9月に解体される小学館ビル(東京都千代田区)の壁面に浦沢直樹さんや藤子不二雄Aさんら100人以上の漫画家が描いた「落書き」が8月24、25の両日、一般公開された。プロによる「落書き」を一目見ようと計8000人の漫画ファンが来場した。
手塚治虫さんや、石ノ森章太郎さんといった日本を代表する漫画家が入居していた木造アパート「トキワ荘」を、建物まるごと復元する構想があることが明らかになった。トキワ荘の地元である東京都豊島区が、街おこしに繋げるために場所の選定な作業を進めている。高野之夫区長はハフィントンポストの取材に「当時の場所のすぐ近くに復元し、漫画の聖地として全国に発信したい」と意欲を語った。
浦沢直樹さんや藤子不二雄Aさんら漫画家25人による小学館ビル内の「落書き」が8月24日と25日の2日間に限って一般公開されることが決まった。これまで一般人はロビー内部は立ち入り禁止のため、窓に描かれた物を見るか、窓の隙間から中を覗くことしかできなかったが、「もっと近くで見たい」という多数の要望を受けて小学館が、落書きの描かれたロビーの一般公開を決めた。