tokubetsuyoshiengumi

子どもの福祉のための制度だが、当事者への支援は十分でない面がある。そのはざまで苦しむ人たちもいるのが現状だ。
生後すぐに子どもが殺される事件、表に出て責任を負わされるのは母親ばかりだ。「子どもは1人ではできないのに。本当におかしいですよね」と支援団体の女性は憤った。
「差別することなく助け合いたいと思ってもらえる家庭を作りたい」。2月に養育里親に認定された愛知の同性カップルが、気持ちを綴ってくれました
急いで店を出て車に向かった時、後ろから声が追いかけてきた
「私の家族はごちゃ混ぜで、多様で、おかしくて、愛情と思いやりにあふれています」
家族に必要なのは思い出。血のつながりじゃない。
2年間の里親経験を経て特別養子縁組した、古泉智浩さんに話を聞いた。
子ども達の命を助ける仕組みが、根こそぎダメになる前に。