toshokan

格差社会の中で行き場を失った人々の生命を守る最後の砦にもなっている公共図書館。その現実を描き上げた本作で監督・脚本・主演を務めたエミリオ・エステベス氏に話を聞いた。
子どもたちが今、何に関心があるかは大人にはわからないから。子どもたちの「読みたいテーマ」を重要視した本提供プロジェクト
映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』の公開を記念して来日したNYPLのキャリー・ウェルチさんと、『未来をつくる図書館』の著者である菅谷明子さんに話を聞いた。
京都府宇治市や京田辺市、滋賀県立図書館など京都近辺の6図書館のシールが貼られた書籍が束になって捨てられていた。
古い木をくり抜いて作られたチャーミングな図書館が話題だ。しかも、中の本は誰でも借りられるという。