toshokushogai

当時、男性で摂食障害...特に過食症を患うというのは、ほとんど聞くことがなかったのだ。
食思不振症は摂食障害の一つで、一般的に「拒食症」と呼ばれています。
過度なダイエットで、摂食障害とうつ病を経験した未来リナさん。回復した今、かつての自分のように苦しむ人のために、「恩返しのレシピ」を発信している。
ユイは「私が自分自身をありのままで愛したら、他の人も私を同じように見てくれることを学んだ」と告白した
不安な日々が続くなか、発達障害の特性による生きづらさやストレスから、摂食障害など二次障害を抱え、戦っている人たちがいる。発達障害当事者であり、当事者取材をするライター・姫野桂さんによる寄稿です。
当時、両親や周囲の大人は、何も言わずにただ私を“見守っていた”。それは「ありのままの私」を認めてくれているようで...。
コンプレックスを抱く一方で、わたしは20代でビキニを着ることができなければ、この先一生着ることなく死んでゆくのだろうと思っていた。
「他の女性たちを傷つけないでください。あなたはそうやって傷つけられたのだから」
過去の私が出会いたかった人に、今の私がなろうと決めた。
「好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」
7歳の女の子でも、自分の体について悩んでいる。これは大きな社会問題です。
「やせたい」「キレイになりたい」「愛されたい」…。どうして女性は体型を気にしなければならないのか。悩み続けた人たちが、摂食障害経験者と人気スタイリストと考えた。