wain

ボルドーワインの生産者であるシャトーと、ワイン価格の高騰に見られたバブルなどを中心としたドキュメンタリー映画で、実は「金融」の勉強にもなる。
昼夜を問わず風の気持ちよいこの季節はワイン片手に友人や大切な人と「おうちバル」をひらくのも楽しいですね。バルの定番タパスが実は日本のある食材で驚くほど簡単にできあがるんですよ。その食材とは!?
これからはだんだんと夜が長くなっていきます。涼しい夜は、虫の声を聞きながら家飲みもいいですね。そこで、ワインにもビールにも合うチーズを使って、簡単なおつまみを作ってみましょう!
自家製サングリアを作ったことがありますか?ワインとフルーツさえあれば、誰でも簡単に作れるサングリアは、見た目も鮮やかで飲みやすく、ちょっとしたおもてなしや自宅での晩酌用にもオススメです。
勤務先もしくは自宅そばのパブで、今後一生ビールが飲み放題になる権利が1,000ドル(約10万円)で買えるとしたら、買いたいと思うだろうか?
チーズの流行最前線ともいえる「ラクレットチーズ」にさっそく迫ってみましょう!!
「投資するなら、英国債や美術品、切手よりも赤ワインに」──。英ケンブリッジ大学、仏HEC経営大学院、米ヴァンダービルト大学の学者チームによる研究で、こんな結果が得られた。 研究によると、高級ワインは1900─2012年の年換算実質利回りが4.1%と、英国債や美術品、切手の利回りを上回った。一方、英国株式の利回りは5.2%だった。
11月の第三木曜日となる21日、その年に作られたワイン、ボジョレー・ヌーボーが解禁された。ところでこのボジョレー・ヌーボー、毎年解禁日が近づくと、その出来について「例年並み」「◯年に一度の出来」などと評価されているが、実際のところどうなのか。今年のボジョレーの出来は? おすすめの飲み方は? ソムリエに聞いた。
19万5000ドル(約1930万円)を余分にお持ちの方は、ドバイ国際空港内にあるワインショップ「Le Clos」へ行ってみよう。2009年物のシャトー・マルゴー3本が待っている。
気候変動による農業や食品、産業への悪 影響について懸念が高まる中、ワイン生産の状況も一変する可能性があるという、新たな研究結果が発表された。