yoroppa

思いもよらない価値観に触れることは、人の生き方の多様性を肌で感じることができ、それをまた自分や人の人生に生かすことができると思います。
「民泊」の利用者数がコントロールされずに、一般市民の生活空間に押し寄せることによって、その土地に住む人の日常を侵食する現象が、日に日に問題になっている。
チェコでの学生生活の中で、自分が"日本人"であると自覚する出来事を度々経験しました。
ここ1-2年、北朝鮮を逃れる脱北者たちの数は激減した。結果的に、中国内で潜伏生活をする脱北者の状況も厳しくなった。
チェコで学ぶ日本人の医学生として、チェコのことも含め、様々な視点から情報を発信していきたいと思います。
20世紀の多くの大戦を経て、人類が学びとり築き上げてきた安定や秩序、寛容や節度といったレガシーが音を立てて瓦解する、私にとってはそんな瞬間でした。
日本でもシェア経済の仕組みが拡大していけば、人々の働き方は大きく変わり、我々の職業観にも大きな影響を与えることになるのではないだろうか。
欧米のメディアや一部の活動家の間でも誤解が見られる。
「結婚式をしない」という決断をしてちょっとがっかりしたけれど......。
国籍とは何だろう。人種とは何だろう。家族とは何だろう。
欧州新聞界は経営戦略やニュース編集の現場を変えることで次世代への生き残りを図る努力を続けている。
高齢化する西欧ホスト国と、出生率の高いイスラム系移民の人口の間での人口比率も変わっていく中で、この夏のブルキニ写真は、後世の目にどのように映るのだろう。
世界中の「心の隙」を抱えたイスラム教徒の若者が、過激思想と出会うことになる。
北朝鮮の朝鮮労働党の資金を管理していたヨーロッパの北朝鮮駐在員が2016年6月、巨額の「統治資金」を持って姿を消したと報道された。
日本人医学生の目線から見た、ヨーロッパで医療を学ぶ魅力とスロバキアの医療事情。
「内にこもりがち」な人多くの方が「空気」を読むことが苦手なあなた、ホステルの部屋に着いて挨拶をしたら、しばらく観察してみましょう。
ドイツのエネルギー事業者は、"脱原子力"に向けて相当の困難を強いられ、巨額の資金と経済活動の勢いを失った。
旅好きを自負するのなら、定番の街はあえてパスして、ユニークな魅力が光る北欧や、直行便がないコアな街に思い切って出かけてみませんか。