zetsumetsukigushu

「絶滅とはどういうことなのか? これが最後のキタシロサイの姿だ。これが最後、次はもうない」
「人気動物ですが、最近は生で見るのが初めてという人が増えています」
研究成果は、特定国のサプライチェーンが生物多様性に及ぼす影響も視覚化でき、環境にやさしい経済活動、消費活動を考える上で役に立つ。
パンダフィーバーが、間もなくオランダでも始まろうとしている。4月12日、中国からやって来た2頭のパンダが、ユトレヒトのアウエハンツ動物園に到着した。
世界でもめずらしい水生動物「アマゾンマナティー」が、日本の動植物園「熱川バナナワニ園」にいます。園は名前を募集中です。
WWFとトラフィックでは、飼育繁殖された個体が、海や森、そもそもの自然環境を、保全する取り組みを続けてゆきます。
「種の保存法」はどう変わるのか。日本の自然保護を左右するその課題と展望について、シリーズでお伝えします。
ビンスは、世界に約2万頭しかいないシロサイのうちの1頭だった。
ドローンを捕まえようと雪の中を駆け巡るシベリアトラ。途中で1匹が、見事、キャッチに成功する…
極東ロシアの森に君臨する大型の肉食獣、シベリアトラとアムールヒョウは、長年にわたる森林破壊や密猟の影響を受け、絶滅の危機に追い込まれてきました。
条約の「附属書Ⅰ」に掲載された種は、日本の国内法である「種の保存法」でも「国際希少野生動植物種」に指定され、国内での売買や譲渡が原則禁止となりました。
2016年12月19日、WWFはメコン川流域での生物調査の結果をまとめた報告を発表し、2015年の1年間に163種の新種が発見されたことを明らかにしました。
本当に大きなカメだ。
「動かない鳥」と呼ばれる大きなくちばしのハシビロコウが人気です。
あのWWFもエイプリルフールに参戦。
絶滅が心配なサイにとって、久しぶりの明るいニュース。
ごみのポイ捨てがいかに野生動物に悪影響を与えうるかを、写真は訴えかけてくる。
この冬、絶滅危惧種のシジュウカラガンが、ロシアから宮城県大崎市などにたくさん飛んできています。