政治

緊急事態宣言の対象区域を11都府県に拡大するのに伴う記者会見。ビデオニュース・ドットコムの神保哲生さんが「人口あたりの病床数が世界一でも医療逼迫。医療法改正しないのか?」 と質問しました。
自民党内からも「政府の説明は二重基準で国民の理解を得ることは難しい」と批判が噴出。外国人の入国が全面停止することに。
「首相はなんでも自分で決めすぎる。現場に決断をゆだねない弊害は『Go To』などで一気に出た」。
2025年までに衆参議員の女性候補者を35%に、という政府目標。来年には衆院選。女性の政治参画の重要性を訴え続ける野田聖子・自民党幹事長代行がハフポスト日本版のインタビューに応じた。
安倍氏の公設第1秘書は政治資金規正法違反の罪で略式起訴とされたという。
日中には長い対話の歴史がある。しかし尖閣諸島をめぐる挑発は止まず、日本人の対中感情は悪化した。「水面下の対話」には意味があるのか。現役議員2人に聞いた。
「女性は政治に興味がない」と言わんばかりの舛添氏の投稿に対し、「女性差別だ」と批判する声が多数上がっている。
「日本の場合は、国民を不安にさせないように『最悪のシナリオ』を持たない、考えることもしないという政治がまかり通ってきました」
JPACには保守派やリベラル派の議員が参加し、人権侵害を理由に制裁を科す「マグニツキー法」の制定を目指す。リベラル派が対中制裁を考えるその背景とは?
「桜を見る会」の前夜祭をめぐり、安倍氏本人に東京地検が任意聴取を要請との報道。安倍氏は「まだ私は何も聞いておりません」と話しました。