BLOG
2015年03月25日 00時43分 JST | 更新 2015年05月23日 18時12分 JST

一度だけ。-『息子は自閉症。ママのイラスト日記』(7)

こもたろ、6歳と7ヶ月。

まだまだこだわりはありますが、昔に比べると、そのこだわりもだいぶ落ち着いてきて、物事にも臨機応変に対応できることも増え、以前よりずっと育てやすくなりました。

息子が3~4歳のころ。あの頃は、今にして思えば壮絶だったなぁ、と。それ故に当時は私もいっぱいいっぱいになる瞬間があり一度だけ。一度だけ、息子に涙ながらに訴えたことがありました。

あの頃の息子は本当にこだわりが強くて、そして頑なで。ちょっとしたことでパニックに陥る日々。例えば、絵本を読んでいて、次のページに一発でめくれなかった、とか、靴を履く順番を間違えた、とか、使っているクレヨンが折れてしまった、とか。

2015-03-20-1426839865-6487990-moro71.jpg

私たちから見ると本当に些細な事。でも息子はこんなちっぽけなことで(本人的には大事なのですが)大パニックを引き起こしました。そしてそのパニック、2時間コースなんてザラ。

それに付け加えて、睡眠障害。やっと寝たと思った2時間後に起きだし4時間の夜泣きコースの日、2時間おきに目を覚ます日もあれば、一日まるで寝ない日もあったりとリズムもばらばら。まだ小さいので処方できる薬もなく、ただただそれを生活の一部にするしかありませんでした。

肉体的にもそうですが精神的にも相当堪えます。睡眠不足、育てにくい我が子へのストレス。

そして、きちゃったんですね。その時が。

お絵描き中のことでした。◯(丸)が思ったとおりの軌道で描けなかった。それだけで「うわーーーーー!」と大パニック。

2015-03-20-1426839912-9838107-moro72.jpg

「新しい紙に描いたらどう?」

「ほら、真っ白だよ。さっきのは忘れよう?」

「次描いたら、うまく描けるかも...」

色々と手を変え品を変え、気持ちの切り替えを計るものの泣き叫び続ける息子。こちらがどんなにあやしても、諭しても何の反応も示さない。私はこの子に、なんでこんなに気を使ってるんだろう。

2015-03-20-1426839973-3494353-moro73.jpg

「どうしたら、あなたは納得するの?!」

「こんなことで、こんなにパニックになっちゃってどこにも行けないじゃない!」

「ずっとこんなんじゃ、こもたろの居場所がなくなっちゃうよ!それでもいいの?!」

「あなたが大人になったら、ママもパパもいないのよ?!自分で何とかするしかないの!!」

「お願いだからもう泣かないでよー!泣かないでーっ...」

今までグッと堪えていた言葉を、初めてこもたろにぶつけてしまいました。言っても通じないのにね。

溢れて止まらない涙。声を荒らげて、泣きました。

子供のように、わんわん泣きました。

2015-03-20-1426840019-3440268-moro74.jpg

ひとしきり泣いたら、ちょっと気持ちが楽になりました。相変わらず、パニック中の我が子。

「やっぱりだ。しょうがない。」

フーッと溜め息が出て、息子が落ち着くのを待ちました。これは待つしかないんだよね、知ってた。知ってたのに、今日は爆発してしまった。...反省。

これが、こもたろに対して私が過去一度だけ、泣いて訴えた日。

もう二度とこんなことはしたくないし、こうならないよう気持ちをため込まないように気をつけています。

現在、自宅での私はなんちゃって療育先生といいますか、こもたろに対して、一枚のフィルターを隔てて見ているようなイメージで接しています。それは壁を作るとか、そういうものでは全然なくて、何と言えばいいのか、私のボキャブラリーではうまく伝わらないかもしれませんが、こもたろという存在を分析しながら関係を築いている、そんな感じ。そうすることで、息子がパニックになっても、冷静に考えられるようになっているんだと思います。(幼稚園の先生っていつも冷静ですよね)

だからといってこの子の母親には変わりありません。やっぱり、こもろ姉と同じように可愛くて仕方のない存在なのです。

~続く。

【moroブログ 「moroの家族と、ハンドメイドと。」】

マンガ版もあります!「moroの家族と、ハンドメイドと。」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!