BLOG
2016年01月16日 16時49分 JST | 更新 2016年01月16日 16時49分 JST

阪神大震災から21年 近畿地方の天気

tenkikinki

神戸市のポイント予報

17日、阪神・淡路大震災の発生から21年が経ちます。追悼式典などが行われますので、神戸市の天気を中心に近畿地方の天気をお伝えします。

阪神・淡路大震災とは

平成7年(1995年)1月17日5時46分、淡路島北部で深さ16キロを震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。

この地震により、神戸と洲本で震度6を観測、神戸市や淡路島の一部地域では震度7に相当する揺れが発生し、甚大な被害をもたらしました。

気象庁はこの地震を「平成7年(1995年)兵庫県南部地震」と命名、政府はこの地震によって生じた災害を「阪神・淡路大震災」と呼称することを閣議了解しました。

17日日曜日の天気

近畿地方は日の差すこともありますが、雲の多い天気で、夜は広く雨が降る見込みです。

次第に風が強まって、気温より寒く感じられるでしょう。

神戸市のポイント予報で天気の傾向をお伝えします。

朝は曇り空でしょう。朝6時ごろの気温は4度と、底冷えする見込みです。

日中は雲が多いものの、気温は10度くらいまで上がるでしょう。ただ、風が8メートルほどと強めに吹くため、気温のわりにかなり寒く感じられそうです。

夜は風がさらに強まって、雨が降り出す見込みです。体感温度は氷点下かというくらいの寒さになりそうです。

屋外で長く過ごす方は、万全の寒さ対策をしましょう。

お帰りが遅くなる方は、傘を忘れずにお持ちください。

(2016年1月16日 14時5分)

【関連記事】

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★