BLOG
2015年08月17日 20時39分 JST | 更新 2015年08月17日 20時39分 JST

滝のような雨に警戒 台風15・16号の動きは?

1

大気の不安定な状態が続きます。18日火曜にかけて、近畿~北海道の所々で雨雲やカミナリ雲が発達する見込み。局地的な大雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。台風15・16号の最新情報も。

火曜朝にかけて 局地的な大雨などに警戒を


17日月曜は、関東から西を中心にあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発生し、局地的に非常に激しい雨や激しい突風を観測。この状態は、18日火曜にかけても続きそうです。

上の図は、18日午前6時~9時にかけての予想降水量を表したもの。関東から西の太平洋側、北海道から東北にかけて、沖縄と、広い範囲で雨脚が強まる見込みです。通勤・通学の時間と重なる可能性もありますので、18日朝は時間に余裕を持って準備を。局地的に滝のような雨が降ったり、落雷竜巻などの突風が発生するおそれもありますので、十分ご注意ください。

その後も、四国や近畿、東海の太平洋側では、雨が残る所がある見込み。東北北部や北海道も、午後まで雨の降る所が多いでしょう。

最新台風情報 15号は沖縄の南へ


一方、日本の南には2つの台風があり、それぞれ西よりに進んでいます。

まずは、非常に強い台風15号の情報から。今後も勢力を保ったまま西よりに進み、21日金曜から22日土曜には沖縄の南に。予想通り進んだ場合、先島諸島などに影響を及ぼす可能性があります。

2

最新台風情報 16号は小笠原近海へ


強い台風16号は、発達しながら北西に進む見込み。18日には非常に強い勢力となるでしょう。21日金曜から22日土曜にかけては、小笠原近海に達する予想です。その後、来週前半にかけて、台風の進路に注意が必要です。

今後もtenki.jpで、最新の台風情報を確認してください。

3

(2015年8月17日 21時34分)

【関連リンク】

middle.jpg
石上 沙織

気象予報士

「どんなときでも、天気予報だけは必ず見る」

NHK岐阜放送局のキャスター時代、

取材に伺った職人さんから聞いた言葉です。

天気次第で、仕事の進め方や作品の出来が変わってしまうとのこと。

以前から「人の役に立つ情報を伝えたい」と考えていた私は、

「これだ!」と思い、気象予報士を目指すことになりました。


その後、NHK名古屋放送局キャスターや

中部支社での解説・予報業務を経て

2015年春より日直予報士の一員に。


読んでくださった皆さんに、

少しでも「役に立った」と思ってもらえる記事を目指します!