ニュース
2013年11月08日 00時04分 JST

新国立競技場建設、3千億円の試算から1800億円に縮小 周辺整備は一部都が負担

2020年東京五輪の主会場となる新国立競技場(東京都新宿区)の建設をめぐり、文部科学省が計画を改め、建設費1800億円を軸に検討していることが7日わかった。また、350億~400億円かかる見込みの周辺整備について、一部を都が負担する方針で文科省と合意した。

このエントリは、期限切れになった

関連記事

Photo gallery新国立競技場 画像集 See Gallery
Photo gallery2020年東京オリンピック招致 See Gallery
Photo gallery2012年 ロンドン五輪 ハイライト See Gallery