NEWS

【パリ銃撃戦】警察犬ディーゼルも犠牲になった

任務には不可欠な存在の犬でした。

フランス・パリの北部で11月18日、フランス警察と何者かの間で激しい銃撃戦となり、少なくとも容疑者2人が死亡、5人の身柄を確保した。警官隊は同時多発テロの犯行グループの関係先を捜索中で、銃撃戦では警官隊や通行人にも、複数の負傷者が出た

銃撃戦の後、フランス警察は犠牲の中に、警察犬のディーゼルも含まれていたと発表。護衛犬として有能だとされる「ベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア」という種類の犬で、7歳だった。

フランス警察によると、ディーゼルは爆発物探知犬で、任務には不可欠な存在だったという。

Police Dog Dies

勤務中の警察犬

【関連記事】