NEWS
2017年08月07日 18時28分 JST | 更新 2017年08月07日 18時31分 JST

【台風5号】東日本へ 動き遅く影響は長引く見込み

台風第5号は7日夜にかけて近畿地方を北東に進み、8日は東日本に達する見込みだ。

台風第5号は8月7日午後4時現在、和歌山市付近にあり、1時間に約20キロの速さで北東へ進んでいる

気象庁によると、午後3時半頃に、和歌山県北部に上陸。7日夜にかけて暴風域を伴ったまま近畿地方を北東に進み、その後は次第に勢力を弱めながら北東に進んで、8日には東日本に達する見込みだ。

この台風5号は1時間に約20キロと動きが遅いため、影響が長く続くとみられる。気象庁は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。

今後の台風5号の進路は以下の通り。

7日午後6時から8日午後6時までの24時間に予想される雨量で300ミリ以上のところは、次のようになっている。