ライフスタイル
2018年06月19日 15時24分 JST | 更新 2018年06月19日 16時59分 JST

ニキビ、アザ、アルビノ...。写真家は多様な肌を撮った。悩みを持つ人々を助けるために。

「自分の肌がずっと嫌いだった。でも…」

Instagram / @peterdevito

「私が写真を投稿するのは、悩みを持つ人々を助けるため。それが全てです」

こう話すのは、ニューヨーク在住の写真家、ピーター・デヴィートさん。teenVOGUEの取材に答えた。

人間であれば、一度は肌の悩みを持ったことがあるのではないか。肌が荒れると、できるだけ隠そうとしてファンデーションをたくさん塗ったり、マスクで隠したりーー。

ピーターさんもかつてはニキビに悩んでいた。しかし、ある時、ニキビがあることは決して恥じるべきことではないと気づいた。

「肌が人とちょっと違っても、自分らしさは消えたりしない。アイデンティティのひとつとして、誇りを持って良い」ということを伝えるため、写真を撮りはじめた。

ピーターさんの肌の写真。頰には「ニキビは普通だ」と書かれている。

「自分の肌がずっと嫌いだったから写真は撮らなかったけど、これからは撮ってみようと思う」

ピーターさんの母の肌には「完璧なんて存在しない」の文字。

「彼女の肌は肝斑でシミがあって、紫外線を浴びると色が濃くなってしまうんだ」

"but you'd remove it if you could - @peterdevito x @chnge x @sruhtaylor - SWIPE to read Sarah's thoughts➡➡➡

PJ DeVitoさん(@peterdevito)がシェアした投稿 -

生まれつき、顔にアザのようなものがあるサラさん。

「アザがあってラッキーよ。私のアイデンティティのひとつだから」

"no one will marry you with that skin." - @amy.deanna for @i_d - SWIPE to read Amy's thoughts➡💕➡

PJ DeVitoさん(@peterdevito)がシェアした投稿 -

「そんな肌だったら、誰も結婚してくれないよ」と言われたことがあるというエイミーさん。

「肌のせいで結婚できないのであれば、それはそれでいいわ。私の肌は私に"本当の美とはなにか"を教えてくれたから。ありのままの自分が好きだし、誇りを持っているの」

"how long did it take to draw those?" - @peterdevito x @chnge x @kokeadile - SWIPE to read Kokie's thoughts➡➡➡

PJ DeVitoさん(@peterdevito)がシェアした投稿 -

コーキーさんは、ずっと自分の肌をネガティブな方向に考えていた。

「今までずっと、肌のせいで悩んできた。だけど今は違う。私だからできることで、世界を変えたいと思っているわ」

「オバケみたいに白いね」と、言われ続けてきたというアルビノのディアンドラさん。

「見た目のせいで、スノーホワイトとかいうあだ名をつけられたことがあるの。見た目で判断するのはやめてほしいわ、私はすごくパッションがある人間なの」

ピーターさんは他にも、性的マイノリティや人種差別を受けてきたという人たちの写真も撮り、Instagramにアップ

肌や体に悩みを持つ人たちを勇気づけるきっかけを創るため、多様性溢れる写真とモデルのストーリーを伝え続けている。