ライフスタイル
2018年07月10日 15時55分 JST | 更新 2018年07月10日 16時13分 JST

自分の言葉が、誰かを救えるなら…。壮絶な過去を乗り越えたテス・ホリデーの主張とは?

「体型で生き方を制限される必要はない」

「私の健康や体型は私の問題なんだから、そんなことを言う人のことは気にしてないの」

プラスサイズモデルとして活躍するテス・ホリデーさんは、セルフマガジンのインタビューで体型やライフスタイルに関する自身の考え方を語った。

Mireya Acierto via Getty Images

2010年にモデルとしてデビューし、2015年にはロンドンの大手モデル会社・ミルクマネジメントと契約を結んだテスさん。今までに「Vogue」や「People」など、有名雑誌の表紙を飾ってきた。

モデル活動の傍らで、ボディポジティブに関するムーブメント「#Effyourbeautystandards」を立ち上げ、体型で生き方を制限される必要はない、というメッセージを発信し続けている。また、2児のママでもあり、Instagramには家族との幸せそうな写真も多くアップしている。

いつでもポジティブな彼女に共感する人は多く、今では大きな影響力を持つ人気モデルとなったテスさん。しかし、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。自身の本「The Not So Subtle Art of Being a Fat Girl」で、壮絶な過去について語っている。

幼少期にあった父親からのレイプ、貧しかった生活、体型による学校でのいじめーー。

彼女は「昔は、自分の人生なんて...と思ってたけど、今は楽しい。自分がやりたいことをできていてとっても幸せだし、過去を受け入れている」と振り返っている

GC Images
パートナーのニックさんとテスさん

約160万人のフォロワーを持つInstagramで、フェミニストとしての意見も発しているテスさんはこうも語っている

「たまに、自分の体型について悩むことだってあった。だけど、"私に助けられた"という女性たちの声に助けられて、自分自身を愛することができる。どんな私でも受け入れてくれる人に、いつも感謝しているわ」

Hot & Ready 🍕 outfit by @prettylittlething 😈

T E S S 🔥さん(@tessholliday)がシェアした投稿 -