五十嵐カノアが大坂なおみの名前を背負って試合に出場。ゼッケンに込めた思いとは

五十嵐選手だけでなく、大会に出場している男女全ての選手が、自分をインスパイアしてくれる女性の名前のゼッケンをつけて出場し、敬意を示した。
ポルトガルでの大会のラウンド1の前の五十嵐選手。大坂なおみの「Osaka」が付けられたゼッケンを着ている。(2022年3月4日ポルトガル・ペニシェ)
ポルトガルでの大会のラウンド1の前の五十嵐選手。大坂なおみの「Osaka」が付けられたゼッケンを着ている。(2022年3月4日ポルトガル・ペニシェ)
Thiago Diz via Getty Images

東京オリンピックの男子サーフィンで銀メダルを獲得した五十嵐カノア選手が、ポルトガルで3月3日から開催されているワールドチャンピオンシップツアーの大会で、女子テニスの大坂なおみ選手を指す「Osaka」の名前の入ったゼッケンを着て出場した。

実はこれ、3月8日の国際女性デーを祝福する取り組みの一貫。五十嵐選手だけでなく、同大会に出場している男女全ての選手が、自分をインスパイアしてくれる女性の名前のゼッケンをつけて出場し、敬意を示した。

多くの選手が尊敬する女性サーファーやアスリートの名前を付けて出場したが、母親の名前を背負う選手もいた。

「Osaka」ゼッケンを背負った五十嵐選手はInstagramで、

「大坂選手の名前を付けて試合できたことを光栄に思う。彼女は自分に正直でいることを教えてくれる。今の時代、アスリートは自分の競技以外のところで評価されることが多い。そうなると、自分が世界にどう思われてるか気にしてしまう。でも彼女は正直で、競技内外の重要な課題にも発言している。あなたと一緒に日本を代表できることは嬉しいよ」

と英語で投稿した。

この投稿に、大坂選手も反応。

「ありがとう。🥺❤️すごく嬉しい。泣きそう😭」

と絵文字を添えてコメントした。

サーフィンのチャンピオンシップツアーを運営する世界プロサーフィン連盟(World Surf League)は、「平等性」をすべての核心だとして、2019年から男女の賞金を同額にしている。また、2022年は初めて男女が全く同じ大会数と会場で競技することになった。

こうした動きはサーフィンだけでなく、全てのスポーツにおいて、革新的な取り組みとなっている。