ロシア版スパイファミリーか。実業家の「夫婦」逮捕。「娘」はスウェーデン情報機関元トップの息子と同居

「興味深いことに、娘は最も機密情報にアクセスできる立場だったのに拘束されていない」
|
2022年11月23日、スウェーデンのストックホルム市内の邸宅を警戒するパトカー。この邸宅で軍用ヘリによる特殊作戦が行われ、重大な違法情報活動の疑いで夫婦が逮捕された。
2022年11月23日、スウェーデンのストックホルム市内の邸宅を警戒するパトカー。この邸宅で軍用ヘリによる特殊作戦が行われ、重大な違法情報活動の疑いで夫婦が逮捕された。
Nils Petter Nilsson via Getty Images

人気アニメ『SPY×FAMILY』を彷彿とさせる衝撃的な出来事が起きた。北欧スウェーデンの首都近郊の邸宅で、違法なスパイ活動をした疑いでロシア出身の夫婦が逮捕されたのだ。夫婦の娘は、スウェーデン軍の諜報機関の元高官の息子とマンションの部屋を共有していたという報告も出ている。

■早朝の住宅地に軍用ヘリが来襲して特殊作戦

仏紙ル・モンドによると11月22日の午前6時ごろ、首都ストックホルムの郊外にあるナッカ市の高級住宅地に、2機の軍用ヘリコプター「ブラックホーク」が轟音と共にやってきた。ホバリングするヘリから、白い外壁の邸宅のバルコニーに向かって、警察の特殊部隊の隊員たちが降下。まもなく、50代のロシア系夫婦が違法なスパイ活動の疑いで逮捕された。

英紙エクスプレスによると、特殊作戦は1分以内に終わった。夫婦がトイレに何かを流したり、PCを破壊したりするのを防止するための電光石火の逮捕劇だったという。地元の人々はショックを受けており、逮捕された2人は「他のみんなと同じ」に見えたと語っているという。

■ベンチャー起業の経営者として振る舞う裏で、10年近くスパイ活動に従事か?

ル・モンドなどによると、夫婦は2人ともロシアのウラル山脈に近いペルミ地方出身。モスクワの別々の大学を卒業しているという。1990年代後半にスウェーデンに移住。2010年に妻、2011年には夫にスウェーデンの市民権が与えられた。夫婦はスウェーデンにいくつかの会社を設立。電子部品と産業技術の輸出入を専門としていた。夫は起業家としての成功の裏で、祖国のためにスパイ活動を続けていたようだ。

夫は2013年からアメリカの、2014年からはスウェーデンの情報を収集した疑いあり、「ロシアの軍事産業のための技術」に関連していると検察官は述べているという。妻は24日に釈放されたものの、夫のスパイ活動を幇助した疑いを持たれている。

■スウェーデン情報機関の元長官の息子と同棲する「娘」。偽装夫婦だった可能性も浮上

アニメ『SPY×FAMILY』では、親のスパイ活動をサポートするアーニャという「娘」の存在がキーとなっているが、今回の夫婦でも「娘」が話題になっている。

ロシアの調査報道サイト「インサイダー」によると、今回逮捕された夫婦のうち「妻」の娘は、スウェーデン軍の情報機関「MUST」の元長官の息子と2013年から関係を持ち、2015年から同居しているという。インサイダーは「興味深いことに、娘は最も機密情報にアクセスできる立場だったのに拘束されていない」と書いてる。

また、ロシアでは父親の名前を元にしたミドルネームを使うが、「娘」のミドルネームが今回逮捕された「父」の名前とは異なっていたという。「彼らが本当の夫婦だったのか、偽装した夫婦だったのかという疑問を投げかけている」ともインサイダーは記述している。

ホームページへ