NEWS
2021年05月19日 16時32分 JST | 更新 2021年05月19日 16時37分 JST

木村響子さん「自分がしたことと向き合ってほしい」。花さんへの中傷裁判で判決、欠席した男性に投げかけ

木村花さんへの中傷をめぐり民事訴訟で初の判決。代理人は慰謝料額について、「今回の事案の重要性が認められたのではないか」と評価した。

Aya Ikuta / HuffPost Japan
木村響子さん

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演していた木村花さんが亡くなった後、Twitterで花さんを中傷する投稿をしたとして、花さんの母・木村響子さんが投稿者に対し約294万円の損害賠償を求めた民事訴訟。東京地裁(池原桃子裁判長)は5月19日、投稿者に慰謝料など129万2000円の支払いを命じた。

男性から反論は出ず、答弁書の提出もなかった。いわゆる「欠席裁判」となり、響子さんの主張が認められた。

響子さんは判決後に司法記者クラブで会見。「裁判所に(請求が)認められたことに感謝の気持ちがある」と述べた上で、投稿者に対し「自分がしたことと向き合ってほしい」と呼びかけた。

 

東京地裁、慰謝料は「50万円」と判断

訴状によると、男性は花さんが2020年5月に亡くなった後、「テラハ楽しみにしていたのにお前の自殺のせいで中止。最後まで迷惑かけて何様?地獄に落ちなよ」などとTwitterに投稿。

響子さん側は、ツイートが花さんに対する侮辱的表現として、社会通念上許容される限度を超えていると主張。遺族である響子さんの「敬愛追慕(けいあいついぼ)の情」を侵害しているとして、男性に対し、慰謝料200万円などを含む約294万円の損害賠償を求めていた。

判決文によると、東京地裁は響子さんに生じた精神的苦痛に対する慰謝料について、50万円と算定。弁護士費用は5万円と算定し、さらにTwitter社などに対する開示請求訴訟で要した74万2000円を合算し、計129万2000円の支払いを命じた。

響子さんの代理人弁護士の清水陽平さんによると、慰謝料50万円という損害額は、これまでの判例と比べると高いという。

「多くの事例では一桁、多くても10万円程度の賠償となることが多いが、50万円という金額が認められたということで、今回の事案の重要性が認められたのではないか」、と評価した。

響子さんは、 「裁判所に認められたことに感謝の気持ちがある」と述べた一方で「一度、誹謗中傷を受けて心を病んでしまったときに、一生治らないかもしれない心の傷を負ってしまうことを考えると、(慰謝料の)相場自体が低いという議論が必要なのではないかなと思います」と指摘した。

 

被告は最後まで出廷せず「自分がしたことと向き合ってほしい」

花さんへの中傷をめぐり、初めて民事訴訟の判決が出たことになるが、被告の男性は口頭弁論に出廷せず、答弁書などの提出もなかった。

響子さんはこのことについて、「悔しい思いをしています。自分のしたことに向き合ってほしいということが大きな気持ちとしてあるので、すごく残念です」とコメント。

「裁判や賠償から逃げることはできるかもしれませんが、自分がしたことからは逃げられないと思うので、自分がしたことと向き合って償ってほしいです」と、男性に向けて投げかけた。

 

「速やかに被害者の救済を」

響子さんはこの他にも、自身への中傷も含め、ネット上の誹謗中傷をめぐって複数の開示請求手続きを進めている。

「言葉の責任を追及しようとする中で、たくさんのハードルや障害があった。そうした障害を一つひとつ小さくしていこう、なくしていこうという気持ちで、裁判の判例を残していくことで皆さんにとって誹謗中傷と批判の境目というものがわかりやすくなったり、いま苦しんでいる人が少しでも救われてほしいと思います」と述べた。

また、発信者の情報開示請求のハードルの高さなど、ネット上の誹謗中傷で被害者が「泣き寝入り」せざるをえない現状についても指摘。

「誹謗中傷で苦しんでいらっしゃる方は、誹謗中傷をやめてほしいという、それだけの思いでいる。ただやめてもらうためだけにこれだけの時間とお金がかかってしまうというのは本当に問題だと思います」と話し、「少しでも速やかに被害者の方を救済できるように、色々なものを整えていただきたいと思っています」と、法整備の必要性を訴えた。