大谷翔平の2021年前半は異次元だった。「伝説」になるには、シーズン後半で何が必要か【MLBオールスター】

大谷翔平選手は日本人初の「メジャーの本塁打王」も夢じゃない。だが、更なる歴史を作る為にはシーズン後半で目指すべき事が「もう1つ」ある。
史上初めて“投打の二刀流”でMLBオールスターゲームに選出された大谷翔平選手
史上初めて“投打の二刀流”でMLBオールスターゲームに選出された大谷翔平選手
Getty Images

MLBオールスターゲーム2021が、日本時間の7月14日に開催される。

年に一度の夢の球宴にMLB史上初めて“投打の二刀流”で選出され、新たな歴史を作ったのがロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手だ。

オールスターでは「特別ルール」でアメリカンリーグの「1番・DH」で先発出場しながら、投手としても「先発登板」する。

打者、そして投手として躍動する姿に多くの野球ファンが心を奪われた。2021年のシーズン前半の主役は、間違いなく彼だったと言ってよいだろう。大谷選手のここまでの歩みを改めて振り返る。

日本人初の「本塁打王」も夢じゃない

まずは「打者・大谷」から振り返る。日本時間の7月12日に行われた試合が終了した時点で、84試合に出場し打率は2割7分9厘、84本の安打のうち33本が本塁打だった

本塁打数ランキングでは両リーグで単独トップに立っている。今シーズン初の本塁打は、4月3日の対シカゴ・ホワイトソックス戦だった。

MLBの日本人シーズン最多本塁打記録をシーズン前半で塗り替えた大谷。シーズン後半でこの記録をどこまで伸ばすかにも注目だ
MLBの日本人シーズン最多本塁打記録をシーズン前半で塗り替えた大谷。シーズン後半でこの記録をどこまで伸ばすかにも注目だ
Getty Images

そこから順調に本塁打を積み重ね、日本時間の7月8日の対ボストン・レッドソックス戦で32号を放ち、過去にヤンキースやエンゼルスなどで活躍した松井秀喜さんのMLBの日本人シーズン最多本塁打記録「31」をシーズン前半で塗り替えた。

2004年当時に松井さんが記録した31本は159試合目での達成だった。大谷選手が32号で記録を塗り替えたのは86試合目。いかに驚異的なペースでホームランを量産しているかが分かる。

松井さんはかつて所属していたエンゼルスを通じて、大谷選手に以下のようなメッセージを送った。

「シーズン32本塁打は、大谷選手のバッティングをもってすれば、ただの通過点に過ぎないと思います。大リーグでは私も長距離打者とは呼ばれたことはありましたが、彼こそが真の長距離打者だと感じます。さらに、大谷選手は素晴らしいピッチャーでもあります。大リーグの常識を変えた、唯一無二の存在です。今後もファンの方々や少年たちの夢を背負い、シーズンを乗り切って欲しいと思います。私も1人の野球ファンとして、楽しみにしています」

少々気が早いかもしれないが、仮に大谷選手がこのペースを維持しながらホームランを打ち続けた場合、1927年にベーブ・ルースが記録した「シーズン60発」に届く計算だ。

ちなみに、1927年の60本塁打は二刀流として知られるルースが打者に専念して生んだ記録で、シーズンを通じて二刀流でプレーを続けたまま60本を記録した選手は過去にいない。

松井さんが「唯一無二」と表現したように、大谷選手は今、まさに前人未到の挑戦の道半ばにいるのだ。

打者・大谷の「6月」が異次元だった

大谷選手の前半戦の本塁打で特筆すべきは、6月だった。

本塁打数を「月別」で見ると、4月が7本、5月が8本だったのに対し、6月は13本と2桁に乗せていた(※7月は日本時間12日の試合終了時点で5本)。

試合毎に見ていくと、6月は3試合連続ホームランが2度あり、また1試合に2本放った日も2度あった。6月の月間打率は3割9厘、23打点。安打数25のうち本塁打の割合は52%だった。文句なしの成績で6月の月間MVPに選ばれた。

二刀流で躍動する大谷選手について、Twitterでは「日本人初のホームラン王のタイトルも見たいから、打者に専念する姿を見てみたい気もする」と声が上がるなど、「打者・大谷」にかかる期待は膨らんでいる。

シーズン後半、目指すは「投手10勝」。なぜ?

続いて「投手・大谷」を振り返る 。打者として前述のような記録を残しながら、投手としての今シーズンは13試合に登板し4勝1敗。防御率は3.49。

日本時間7月7日の対レッドソックス戦の勝利で、記念すべき日米通算50勝の節目を迎えた。特に7日の試合では、四死球0と安定したピッチングを見せた。

打者としての評価のみならず、MLBオールスターでは選手間投票の「先発投手部門」で5位となり、MLB史上初めて“投打の二刀流”での選出となった。

シーズン後半、投手として6勝すれば2桁の10勝に届く。これを達成すれば、自身キャリアハイの成績になるのはもちろん、偉大な記録の「更新」も実現する。

“野球の神様”と称されるルースが過去に達成した「打者として2桁本塁打・投手として2桁勝利」という記録だ。ルース以来、これを達成した者はいない。

もちろん、時代が異なるため単純な比較が正しいかは分からないが、“投打の二刀流”の元祖であるルースは、ボストン・レッドソックスに所属していた1918年に打者として11本塁打・投手として13勝を記録している。

大谷選手はすでに30本以上の本塁打を放っているため、もし投手としてシーズン後半に6勝以上出来れば、このルースの記録を大幅に塗り替えることになる。

大谷翔平選手と野球の神様と称されるベーブ・ルース
大谷翔平選手と野球の神様と称されるベーブ・ルース
Getty Images

今の私たちは間違いなく、メジャーリーグの歴史と常識を大きく変えるかもしれない偉大なプレイヤーの歩みを目の当たりにしている。

シーズンの後半も、“SHOTIME”から目が離せない。

オールスターゲームの会場で記者会見する大谷翔平選手
オールスターゲームの会場で記者会見する大谷翔平選手
Matthew Stockman via Getty Images