女性候補予定者に「顔で選べば1番」。発言の維新議員に厳重注意

日本維新の会の石井章参院議員が、同党の女性立候補予定者について「顔で選んでくれれば1番をとるのは決まっている」などと発言。「褒めるという観点から表現してしまった」と弁明しています。
日本維新の会の石井章参院議員
日本維新の会の石井章参院議員
時事通信社

日本維新の会の藤田文武幹事長は5月16日、立候補予定者の容姿に関する発言をめぐり、同党の石井章参院議員(比例代表)に対し口頭で厳重注意をした。この日、国会内で開いた記者会見 で明らかにした。

下野新聞などによると、石井氏は5月15日、参院栃木選挙区に立候補を予定する同党新人の事務所開きのあいさつで、「女性5人が出るが年齢は1番若く、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」などと発言。その後、発言を撤回した。参院栃木選挙区(改選数1)には、女性5人を含む6人が立候補を予定しているという。

藤田氏は16日の会見で、この発言をめぐり石井氏と話をしたと明かし、石井氏から「立候補予定者本人を上げてあげるというか、褒めるという観点からそういう表現をしてしまった」「見た目で人を差別するとかそういう趣旨ではなかった」「党に対しても申し訳ない」などと弁明を受けたことを明らかにした。

その上で、「今後切に気をつけていただくように」として、藤田氏から石井氏に対し口頭で厳重注意をしたと述べた。

石井氏の発言内容について藤田氏は「動画などが残っていないのでなかなか正確に一言一句というわけではない」としつつも、「『立候補予定者の顔が1番いいから』というようなことと、『若い』ということを同時に言われたというふうに認識している」と話した。

藤田氏はこの発言をめぐり、会見でこうも語った。

「特に若い候補者に対して期待をかけてほしいというような趣旨で申し上げたかったということは本人から弁明があり、最近はルッキズムとかジェンダーとかそういうことについて我々適切に言葉を選んでいくべきであるし、そういう時代でありますから、私自身もそういうことはやっぱり気を遣ってきたこともありますし、石井議員についても今後そういうことがないようにしていただきたいという旨のことは申し上げた」