梅雨入りはもう少し先の可能性も。東京など関東は週後半、曇りや雨と予想【週間天気】

6月2日(木)以降も九州〜東海は晴れるところが多くなりますが、関東は低気圧などの影響で曇りや雨のぐずついた天気になると見られます。
ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・週後半は晴れ多いが、関東は曇りや雨

・週末以降は広く曇天も、梅雨入りまだか

・平年より気温の高い日が多い

週後半は晴れ多いが、関東は曇りや雨

6月がスタートの1日(水)は広く晴天です。

2日(木)以降も九州〜東海は晴れるところが多くなりますが、関東は低気圧などの影響で曇りや雨のぐずついた天気になると見られます。

週末以降は広く曇天も、梅雨入りまだか

週間予想天気図 6月1日(水)~6月6日(月)
週間予想天気図 6月1日(水)~6月6日(月)
ウェザーニュース

5日(日)以降は全国的に曇りや雨の予想ですが、その雨は気圧の谷の通過に伴うもので、梅雨前線は日本の南海上に下がったまま。予想天気図を見ると、期間中は前線の北上は見られません。

ただ、梅雨入りは目前に迫ってきていて、スッキリしない空がその後も続くことで梅雨入りに結びつく可能性もあります。

衣替えや大物の洗濯物などは晴れた日に済ませ、雨の季節への準備は着々と進めたほうが良さそうです。

平年より気温の高い日が多い

3日(金)にかけては、日差しの届く西日本や東日本を中心に30℃前後まで気温が上がる日もあります。

週末になると曇りや雨の日が多く、日差しが遮られることで暑さが和らぐ見込みです。

屋外で長時間行動される方はこまめに塩分・水分補給をし、また帽子をかぶるなど熱中症予防を行ってください。

【関連記事】

ホームページへ