「マイナポイント」第2弾、申し込み338万件超。第1弾を上回る

マイナンバーカードを取得するなどした人がもらえる「マイナポイント」。第2弾のキャンペーンの全面開始後、5日間で申し込んだ人が、第1弾を上回る338万件超だったと総務省が発表しました。
|
マイナポイントの解説動画より / 総務省
マイナポイントの解説動画より / 総務省
総務省

マイナンバーカードを持つ人が申し込めばもらえる「マイナポイント」。

6月30日から、「第2弾」のポイント付与キャンペーンの申し込み受け付けが本格的に始まった

総務省は6月30日からの5日間で、申し込みが計338万2311件あったと7月6日、発表した。

総務省の発表資料より / https://www.soumu.go.jp/main_content/000824099.pdf
総務省の発表資料より / https://www.soumu.go.jp/main_content/000824099.pdf
総務省

発表によれば、「第1弾」のキャンペーンの受付開始後5日間の申し込み件数は77万6160件だった。「第1弾」は2020年7月から申し込み受け付けが始まり、2021年末で終了していた。

「第2弾」は誰が対象?

「第2弾」に申し込めるのは、次の通り。

①マイナンバーカードを取得し、まだ「第1弾」に申し込んでいない人

②マイナンバーカードを健康保険証として利用申し込みをした人

③マイナンバーと公金受け取り用の預貯金口座をひもづけた人

申し込みはいつまで?

申し込みの受け付けは、①〜③のいずれも2023年2月末まで。ただし、マイナンバーカードは2022年9月末までが申請期限となっており、注意が必要だ。

7月のハフライブのテーマは「大人の金融教育」。経済を自分の言葉で話せるようになるために必要なことを、ゲストと一緒に考えます。

詳しくはこちら

<番組概要>

番組は無料です。時間になったら自動的に番組が始まります。

配信日時:719日(火)夜9時~配信(60分)

配信URL: YouTube

配信URL: TwitterハフポストSDGsアカウントのトップから)

経済を“わたしの言葉”で話そう 大人の金融教育とSDGs
経済を“わたしの言葉”で話そう 大人の金融教育とSDGs
Yuki Takada / Huffpost Japan