3dpurinta

2014年7月29日(火)に「第1回 IP2.0公開研究会 <グローバル時代の著作権・特許ルール>」と題したセミナーが開催されます。
オランダの画家ビンセント・ファン・ゴッホ(1853~90年)が切り落とした耳の生きた複製が、ドイツ人女性芸術家によって展示用に制作された。ドイツの美術館が6月4日に明らかにした。
生まれつき両手に指がないカリブ海の島国ハイチの少年に、米国から3Dプリンターで作製した義手が届き、少年が義手を着け生まれて初めてキャッチボールなどを楽しんだ。
3D(3次元)プリンターで自作した銃を所持したとして、神奈川県警に銃刀法違反容疑で逮捕された大学職員、居村(いむら)佳知容疑者(27)=川崎市=が、回転式の拳銃を製造しようとしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。
古屋圭司・国家公安委員長は5月9日、閣議後の記者会見で、3Dプリンターで製造された拳銃が初摘発された事件に触れて「新たな形態の犯罪。現行法では不十分」として、再発防止に向けて法整備を検討する考えを示した。
3D(3次元)プリンターで自作した銃を所持していたとして、銃刀法違反容疑で逮捕された湘南工科大職員の居村(いむら)佳知容疑者(27)=川崎市高津区=が、米国の団体がインターネット上で公開した設計図を基に銃を試作したことが、神奈川県警への取材でわかった。3Dプリンターが高機能化するなか、米国で問題視された情報が、ネットを通じて簡単に入手できる実態が浮き彫りになった。
3Dプリンターで製造された殺傷能力のある拳銃を所持したとして、神奈川県警は5月8日、銃刀法違反容疑で川崎市高津区に住む27歳の大学職員、居村佳知容疑者を逮捕した。3Dプリンターで作られた銃に銃刀法を適用するのは全国で初めて。
国土地理院が、日本地図をブラウザ上で立体表示できるサイト「地理院地図3D」を公開しました。サイトでは3D の日本地図を様々な角度から見られます。また3Dデータもダウンロードできるため、日本のさまざまな地形の立体模型を出力することも可能です。
手軽なモノづくりのツールとしての三次元プリンターについては、日経ビジネスオンラインの原雄司さんの解説がとても有用だ。
脚を失った動物が生きていくのはとても難しいことだ。しかし、カモたちは脚を失っても生きていけるようになるかもしれない。あるいは脚だけでなく、さまざまな部分を失うことになっても生きていけるようになるかもしれない。