a-port

親の自分たちも気持ちよく使えるデザインのベビー製品を使いたい。
「被害者遺族の立場」から、死刑制度と向き合う映画の制作を決意した若手監督がいる。
請負生産では、事業が左右される。仲間の町工場にも不況にあえぎ消えていった所もある。「請負ではだめだ。自分で製品を作ろう」オリジナルの商品を作ろうとした。
「ソマリアで人気がある男性は......国連職員か、海賊かな」
配給会社社長の木ノ内輝さん「『いい作品を世に送り出すため、皆と力を会わせて取り組んでみよう』と思った」
羊毛フェルトはモンゴル人の生活の隅々で使われている。
渋谷区などが、性的少数者が住みやすい町づくりを進めている。区ではLGBTカップルを「結婚に相当する関係」と認定する「パートナーシップ証明書」の発行を決めた。
「現役時代の輝きを認めてあげるとお年寄りは生き生きする」と言う。
「その詩を見たときには、すでに7割方メロディーができていました。思わずボイスレコーダーを置いてピアノに向かい、浮かんだメロディーを歌いました。感情があふれて、涙を流しながら――」