ウェルビーイング 記事一覧

SDGsを理解するために欠かせないワードを一言で紹介します。
企業の商品やサービスを表彰する「ウェルビーイングアワード」をHakuhodo DY Matrixと朝日新聞社、SIGNINGが開催。記念ウェビナーが開催された。
Indeedが、男女5000人から得た調査結果を発表。職場でジェンダーギャップを感じた人のうち、3人に1人が「転職したいと感じた」と答えた。
14歳で『ハリー・ポッター』に参加。子役として成功したが、その後の「暗い体験」を明かした。「苦しんでいる誰かの助けになるかもしれない」と公表を決めたという。
所属事務所HYBEでは、BTSが新人の頃からメンタルヘルスケアに力を入れてきた。世界中から注目を集める今も、メンバーはカウンセリングを受けたことなどを率直に明かしている。
「静かな退職」と訳される「Quiet Quitting」。しかし実際に仕事を辞めるわけではない。
「経験と勘と気合いから脱却した政策立案」を掲げる戸田市が夏休み明けからスタートする「第三の選択肢」が、オンラインでの支援。それは一体どんなものか?
GoogleXの共同創設者で、4人の子の母親。ヨーキー松岡さんが目指すウェルビーイングな暮らしのソリューションについて聞いた。
テレワークの頻度が高いほど、「ネットいじめ」を受ける頻度が高いと明らかになった
「男が手芸なんて変だし」。自分にかけられてしまった「呪い」やジェンダーバイアスを解体していく物語『ニッターズハイ! 』。「男子高校生が編み物をする」というテーマはどのようにして生まれたのか。作者の猫田ゆかりさんに聞いた。