atotokarucha

「人生に失敗はあったって、失敗した人生なんてないと思います」「ひとりでも幸せになれると思うんだよね。無理かな?」...。ドラマ『大豆田とわ子』の心に残る名言をお届けします。
初代センターは愛知県出身の木村柾哉さん。2021年内にデビューシングルを発売。FuRyuと広告契約も決定した。
「中国でもっとも美しい書店」と称される書店チェーン「鍾書閣」をご存じだろうか。
コロナ禍、いち早くデジタルイベント配信サービスを開始したZAIKO。取締役のローレン・ローズ・コーカーさんに、公私にわたる取り組みやダイバーシティの実現への歩みを聞いた。
撮影したLogaさんは「カラフルで煌びやかな写真がバズりやすい中、日本の原風景がここまで注目されて嬉しい」と話しています。
6月9日の最終巻発売に合わせて、13日まで放映されている。
「従う人生から抜け出したい」と願った子ども時代、夢を追い葛藤した20代。イラストエッセイストの犬山紙子さんが、前田マヒナ、リウ・シアンらアスリートのプレッシャーとの戦いを描いたSK-IIのアニメ「VSシリーズ」を、自らの経験に重ねながらレビュー。仕事、結婚、出産…プレッシャーを克服する方法とは? #CHANGEDESTINY
PRESENTED BY SK-II
多くのファンを惹きつける、ムーミンシリーズの目に見えない子「ニンニ」のエピソード。心理学の専門家は「有害な恥からの回復のストーリー」と言います。
エマ・ストーン主演の『クルエラ』が「ジョーカーに似ている」と話題になっている。だが、細かく見ていくとそれは違う。今のディズニーが描く悪役映画には「ある傾向」が見える。
『タイタニック』のローズ役などで知られる俳優のケイト・ウィンスレット。宣伝用の写真では、目尻のシワを修正され、2回送り返したといいます。
自身の卒業コンサートに向けて禁酒をスタートしたが、予定していた2020年の公演がコロナ禍で延期となり、禁酒も継続となっていた。
時代設定は2040年代の近未来の日本。主人公の朔也は、「自由死」を望みながらも事故死した母親の「本心」を探ろうと、高度な技術を用いて母を「バーチャル」に再現し対話を試みる。「人間の心とは一体何なのか?」という問いを読み手に何度も突きつける作品だ。
KID FRESINO、BIM、ゆるふわギャングのNENE、Daichi Yamamoto、BAD HOPのT-Pablowが参加。豪華な主題歌が話題になっています。
姉の恭子さんに多くのリクエストが来たというファン待望のコスプレ。恭子さんが断った理由もストイック過ぎます。
ロサンゼルス公共図書館での「リンダ・リンダズ」のライブがSNSで反響。「私たちが今必要としている曲です」と称賛する声も
主人公・神崎真(松坂桃李)は名門国立大学の広報課職員。意味のあることを何ひとつ言わず、引きつった笑顔で右往左往する神崎。狂言回し的なその存在を通して、私たちは大学、ひいては今社会が抱える様々な問題を垣間見る。
オープニングの「あの疑惑」から、ジーニーの恋模様、“アラジン2番目の願いを使っていない説”、ジャスミンの描かれ方まで。見どころ盛りだくさんです!
カルディで販売中の「ロイタイ グリーンカレー」。フライパンで煮込むだけで、想像以上に深い味のカレーが完成。永遠に食べ続けられそう。
『はじめの一歩』森川ジョージさんは「寒気がするほどの才能の塊でした」と三浦さんとの出会いを振り返りました。