Break the Silence

3人のサッカー少女が直面する困難は、実在のアスリートの証言をもとに描かれているという。
強制性交等罪の要件である「暴行・脅迫」を伴わなかったり、時効を迎えた後に被害を認識するケースも確認され、現行法の課題が浮き彫りになった
被害者側の代理人弁護士は、「ボーイスカウト内での性的虐待は暗黙の規範があった」と述べている
この日の口頭弁論では伊藤詩織さんのみが出廷。被告のはすみさんは請求棄却を求めた。
2018年から飼育員のユニークな視点で情報発信を始めて話題になっていたが、裏目に出た格好だ。
SNSで展開していた「#ラブタイツ」のキャンペーンを中止に。「社会的責任に対する認識の甘さやモラル意識の問題」との見解を示し、謝罪した。
「タイツの日」に合わせたキャンペーンの一環とみられ、「#ラブタイツ」のハッシュタグをつけて、アツギの商品を履いた女性たちのイラストを共有していた。
フラワーデモの呼びかけ人は「私たちは辞職だけでなく、杉田議員に発言について謝罪と撤回を求めている。『辞職』とあるから署名を受け取れないというのは詭弁に等しい」と話している。
杉田水脈議員が、性暴力被害者への支援をめぐり「女性はいくらでもウソをつける」と発言した問題。自民党が13万筆の抗議署名の受け取りを拒否した。
「私たちみんなが一歩を踏み出せば、性暴力を許さない社会を作ることができます。あなたにできることは何ですか?」こう呼びかける動画を制作した、性教育YouTuberのシオリーヌさんに話を聞いた。