Break the Silence

刑法の性犯罪規定の改正を巡り、法務省の検討会で議論が進む。「男性器の挿入」を強制性交等罪の成立要件としていることから、性暴力サバイバーなどは「被害の実態に見合っていない」と訴えている。
デンマークで女優やコメディアン、司会もこなすソフィ・リンデさんが収録中にしたある爆弾発言をめぐって、デンマークではまた#MeToo がひそかに再燃しています。
全国に約400万人いる地方公務員と教職員。こうした人たちがハラスメント被害に遭っても十分守られないかもしれません。背景には、ある誤解があります。
信仰者にとって、強い力関係にある聖職者からの性暴力。日本でも被害者の会が結成され、告発の動きが始まった。
「暴行・脅迫」要件の撤廃、時効の廃止や延長も盛り込まれた。性犯罪に関する刑法改正を議論する検討会で、法務省が論点の叩き台を公表した。
遺書には謝罪の言葉もあったという。
「一連の問題で不快な思いをさせ申し訳ございません」と謝罪しました。
#MeTooなどの話題にうんざりし始めている人も増えているなか、私たちはこの問題についてどのように議論を続けていけばよいのだろう。
防疫ボランティアに来た女性に不必要な身体接触をしたとして職位を解除された。
ワインスタイン受刑者は現在、ニューヨーク州のウェンデ刑務所で隔離されているという。