chikan

世界に誇るおもてなしの日本。その裏には、長時間労働、痴漢、残業、を低賃金で受けなければいけない現状がある。
大げさなんだけど、その状況を何度も夢に見てしまう。だから私は、書き留めておくことにしました。
埼京線で2月下旬から。女性専用車両、車内防犯カメラなどの対策を取ってきたが、より被害を訴えやすくする狙い。
民放のテレビ番組で、「女性専用車両」に関するネガティブなエピソードを伝える企画が相次いでいる。
女性専用車両についてのネガティブな情報や、「男性の目があれば違うのではないか」などの考えを伝えた番組に対し、TBSの若林有子アナウンサーが疑問を呈した。
500個限定で8月27日から「迷惑行為防止スタンプ」をテスト販売へ。痴漢防止グッズとして開発への期待がネット上で高まっていました。
通勤・通学の電車やバスで、毎日のように起きている痴漢。しかしほとんどの被害者は泣き寝入りし、逮捕にいたるケースは非常にまれだ。そんな中、ある男性会社員が、逃げようとした痴漢を偶然目撃し、取り押さえることに成功した。だが、男性はその際、全治3カ月の大けが。「もしまた痴漢を目にしたら、同じことをするだろう」。男性はそう断言するが、一方で、治療費などを補償する制度は手厚いわけではなく、釈然としない思いも抱いている。
キュカが開発した新サービス。痴漢行為の検挙件数は4250件にのぼるが、痴漢に遭っても通報するのは1割程度にとどまっており、実際には10倍以上の被害が存在すると考えられている。
「安全ピンで痴漢撃退」ーー。是非をめぐり論争が起きる中、警視庁が提供する防犯アプリにも注目が集まっています。