chikan

親の「育て方に原因があった」のか? 「夫を性的に満足させていなかった」妻にも責任があるのか?
いくら正論を訴えても、加害者は変わらない。
過半数が「痴漢の行為中に勃起していない」 突き動かしているのは性欲だけではない。
コンサート中、カーターは話し始めた。「お前は彼女の胸を掴んだだろう、クソが。俺は見たぞ。最悪だ。そんなクソったれが存在していい場所なんてないぞ」
痴漢の結末は実に多種多様である。被害者と加害者がもはや解らなくなっている。
電車内や駅で痴漢をとがめられた男性が逃走する事案が相次いでおり、中にはホームに飛び降りたり、ビルから転落したりして死亡するケースに発展している。
「私は、女性専用車両があるのは恥ずかしいことだと思っています」(小川たまかさん)
「Change.org」の武村若葉さんとのイベントの事前対談。ライフステージが変わるごとに女性がぶつかる壁について話が展開していきます。
セクハラ容疑者は、歩道に頭を打って意識を2時間失っていた。
痴漢の被害に悩んでいた都内在住の女子高生が「痴漢抑止バッジ」を発案、ネットを使ってデザインを公募することになった。