dansei

現在33歳のジョナスさんは美容施術について、「特に隠さなくちゃいけないことだとは思わない。隠さず、オープンで正直に話し、自信を持っていいことだ」と話しました。
約8割の女性が抱えていると言われる「隠れ我慢」。家事育児は家族で分け合い、支え合うことが大切です。本記事では、フローレンス代表室長・前田晃平さんに男性の家庭進出について話を聞きました。
PRESENTED BY ツムラ
育児中の専業主夫の中には、子どもを連れて公園に行くと、他の保護者たちに警戒されて避けられ、まるで不審者のような気分になったという報告もある。
女性アナウンサーらが繋がる「女性アナウンサーネットワーク(FAN)」を、元TBSアナウンサーの小島慶子さんが中心となり立ち上げました。狙いは、ジェンダーステレオタイプに基づく役割を求められることもあるアナウンサーが課題を共有し、長い目でキャリアを築けるようにすることなどです。小島さんに話を聞きました。
2022年4月からは、男女ともに育休取得をめぐるルールが大きく変わることになります。
夫婦同姓を定めた民法規定について最高裁大法廷は2015年に「合憲」と判断していた。しかし、15人の裁判官のうち5人が「違憲」との意見を示した。当時、岡部喜代子裁判官は4000文字超の「意見」を示し、櫻井龍子裁判官、鬼丸かおる裁判官も同調していた。
2022年秋からは、子の誕生直後に父親が最大4週間の「男性産休」を取れる制度も新たにつくる。
慎重派の議員らも4月に議連を立ち上げる予定で、選択的夫婦別姓をめぐる党内の議論の先行きは不透明だ。
「ベリショにしたいです!」⇒美容師「それは賛否両論だね」。挑戦したい髪型を、美容院で躊躇されたという経験談も。その“背景理由”を美容師にも聞きました【エピソード集】